中文|English|???
连络番号:0531-85876663
点击这里给我发消息
AG手机亚游|平台

欧州诸国「対中协力のチャンスを逃してはならない」

2019/4/4 9:02:33   来源:人民网日本语版 2019/4/4 9:02:33

  最近ユーラシア大陆の东西両端から、协力の强化という良いニュースが絶えず伝わってくる。イタリアに続きルクセンブルクも先日、中国と「一帯一路」共同建设协力の覚书に调印した。新しい时と势いが、欧州の対中协力への理性的认识を强化し続けている。新华社が伝えた。

  现在までに欧州の20数カ国が「一帯一路」建设に前向きに呼応し、参加。ユンケル欧州委员长は「EUは『一帯一路』建设で积极的な役割を果すことを望んでいる」と表明した。ドイツのメルケル首相は「『一帯一路』は欧州诸国が参加を望む重要なプロジェクトだ」と强调した。

  経済的低迷など内部の问题を前に、欧州は自信を强め、下支えする外部との协力を早急に必要としている。着実に発展し、世界と発展のチャンスを分け合う中国が选択肢となるのは当然の成り行きだ。イタリアのMichele Geraci経済开発次官は「一帯一路」イニシアティブに参加する动机について「イタリアは今回のチャンスを逃すわけにはいかない」と率直に语った。英BBCはEU内部に深刻な沟を抱える中、中国の投资?贸易及び「一帯一路」イニシアティブはEU诸国にとって大きな魅力だと指摘した。

  欧州の多くの政界要人や専门家が、中国とより紧密な関系を构筑すべきだと表明している。欧州委员长、イタリア首相を歴任したプローディ氏は、中国と欧州にはより多くの共同プロジェクトが必要だと指摘する。

  中国の揺るぎない开放の意志と行动は欧州を引きつけている。中国と欧州は発展のアジェンダにおいて协力の潜在力が大きいだけでなく、多国间主义の维持、気候変动対策、国际纷争の平和的解决の推进など多くの国际问题においても主张が重なる部分が多く、协力することに「违和感」はない。

  欧州にはかねてより実务と理性を求める伝统がある。近年、欧州の一部の国は圧力を跳ね返して中国と协力を强化してきた。英国が西侧の大国として最初にアジアインフラ投资银行(AIIB)に参加したのも、イタリアがG7で最初に「一帯一路」イニシアティブに参加したのも、実务的?理性的思考の表れだ。中国と欧州の协力に疑问を呈する雑音を前に、欧州内部では理性的な声が高まっている。ドイツBGAのBingmann会长は「『中国恐怖症』に存在理由はない。ドイツは中国の経済発展の被害者では决してなく、受益者だ」と指摘した。

  国际情势の変化、中国の持続的な発展と影响力の高まりに伴い、欧州では対中协力の强化を主张する理性的な声が一层高まり、さらに多くの积极的な力を集めている。歴史を见ると、欧州はかつて「ルック?イースト」を経験し、中国と共に人类文明の交流と相互参考の良き章を记した。今や欧州では「ルック?イースト」を歓迎する声が日増しに高まり、中国と手を携えて协力し、再び新たな章を记そうとしている。

  「人民网日本语版」2019年4月3日

関连记事を

写真

主管者:山东省人民政府新闻弁公室